工業の窯業デザイン

工業の窯業デザインについて

工業の窯業デザインの活躍

お洒落な建物や新築一戸建ての外壁は見る人を魅了するだけではなく、窯業デザインを学びたいと希望を持ち、工業高校や窯業高校で専門的な勉強をし、その技能を生かし活躍しています。豊富な素材を使い、お客のニーズに応え、日々研究と研鑽を積み、洋風な建物、和風の建物にふさわしい外壁材を創り出し、建物の外観が美しくなるように努力しています。工業関係の会社や住宅関係の会社が一緒になってリフォーム工事、新築工事に取り組み、さまざまなバリエーションのデザインの外壁をつくりだし、建物や住宅を彩って暮らしの中に溶け込んでいます。

窯業ってどこで学ぶのか

窯業とは、従来は「粘土などの天然原料を火で焼いたもの」という意味でしたが,現在では、窯を利用した焼結・溶融などの高温操作の入る工業やその製品の総称として使用されている言葉です。陶磁器や煉瓦や瓦など、昔から私たちの生活に深い関わりがあった製品が多いのが特徴です。最近では、耐熱性と耐火性があり、カラーバリエーションが豊富というメリットがあることから、新築戸建ての約7割の外壁材に使われている窯業系外壁材などのような、新しい素材を生む分野としても注目されています。この分野については、工業高校や大学などで、専門的に学習することができます。

窯業についての情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 窯業を行う工業の特徴について All rights reserved