窯業を学校で学びたい

窯業を学校で学びたいなら

工業系の学校で学べます

陶磁器などを作る「窯業」は、工業の一部に分類されますが、元々は、「粘土などの天然原料や鉱物性原料を火で焼いたもの」という定義で使われていた言葉です。現在では、窯を利用しての焼結・溶融など、高温操作の入る製品の総称やその製造過程を表す言葉として用いられています。古くから作られてきた陶磁器やレンガ・瓦以外にも、研削材、セメント、ガラス、炭素製品,合成宝石、断熱材、原子炉材料など,多岐にわたる無機質固体材料の製造が含まれます。最近では、耐火性と耐久性に優れ、カラーバリエーションも豊富な窯業系サイディングが建築業界で人気を集めるなど、注目の分野のひとつで、大学の工学部や工業高校などで専門的に学ぶことができます。

多くの分野にまたがった窯業

窯業とは、窯を利用しての焼結や溶融などの高温操作の入る工業や製品の総称のことです。陶磁器、煉瓦、瓦をはじめとして、研削材、セメント、ガラス、フェライト、炭素製品、合成宝石、断熱材、原子炉材料など、多くの無機質固体材料の製造も含まれます。日本の窯業協会は、主構成物質が無機・非金属である材料、あるい製品の製造および利用に関する技術と化学および芸術と定義していますが、定義は国によって相違があって、ヨーロッパでは限定的に解釈されています。近年は、耐熱、耐食、絶縁性などの機能を高めた高精度のセラミックスが金属に代わる新世代の材料として注目され、電子などの工業分野を中心として広く使用され始めています。

窯業についての情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 窯業を行う工業の特徴について All rights reserved